人気ブログランキング |

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧




水曜日のおたのしみ「ベターホームの携帯レシピ」

e0238638_10151310.gif
全国的に例年より暖かい日が続いているようですね。
そんな陽気と綺麗な青空にすっかり気分は初夏のバジルです。
こんにちは。



突然ですが、皆さんは毎週○曜日のおたのしみってありますか?

バジルは・・・

金曜日は週末の朝食のためにおいしいパンを買って帰る
土曜日はたまっていた家事の合間においしいブランチwithパンを食べる
日曜日は次の日からがんばるために腕まくりしておいしい夕食を作る
月曜日は一週間いいスタートをきるために朝食においしいフルーツを食べる
火曜日は夜、自分を励ますためにお酒を解禁しておつまみを用意する

など、毎週○曜日のおたのしみを決めています♪

e0238638_1122476.gif

生粋の食いしん坊なので食べもののことばかりで恥ずかしいのですが、、続けますと。


水曜日か木曜日には「ベターホームの携帯レシピ」で届いたお手軽メニューをためしてみると決めています。

「ベターホームの携帯レシピ」は、ベターホームが
ご希望の方に毎週水曜日にお届けしているメールマガジンのこと。
今晩のおかずにすぐに役立つかんたんレシピを、
携帯電話で見やすいように文章のみでお届けしています。
(※水曜日が祝日の場合や夏冬休みは配信をお休みします)
サンプルはこのような感じです。


e0238638_11311120.gifバジルは、水曜日にこのメルマガを受け取るのがまず楽しみ。
さらにそれを、その日の夜か木曜日に作って味わうのも楽しみにしています。
皆さんの携帯に負荷があまりかからないように、おおむね300文字以内におさめられた端的なレシピは材料も作り方もシンプルなものが多く、平日の食卓の強い味方。


季節の旬の食材が意識されているメニューは、お財布にも優しいしもちろん美味。
そんなわけで毎週楽しみにしてくださっている方も多いんですよ。

実際に配信されたレシピと作ったものを一部紹介しちゃいますね。
まずは、2月後半に配信された「じゃがいもとピーマンのいためもの」から。

●じゃがいもとピーマンのいためもの(2人分)
じゃがいも1個(150g)は約3mm角の細切りにする。ピーマン2個、豚薄切り肉(ももなど)100gも同様に切る。肉には塩少々、酒小さじ1をもみこむ。フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、肉をいためてから、いもとピーマンを加えていためる。塩小さじ1/6、こしょう少々、しょうゆ小さじ1で味をつける。

e0238638_10151310.gif
材料も調味料も行程もシンプルでいかにも作りやすそう、と思いませんか。
作ってみるとこんな感じです。(写真は倍量です)


e0238638_11354531.jpg

味付けがシンプルだからこそ、それぞれの食感や味わいがいきた炒めもので好評でした。
私は黒こしょうをきかせてみましたよ。
そして先週はというと、こんな内容でした。

●キャベツの甘辛酢あえ(2人分)
キャベツ150gは3~4cm角に切る。熱湯でさっとゆで、水気をきる。赤とうがらし小1/2本は小口切りにする。砂糖小さじ1、塩小さじ1/8、酢大さじ1、ごま油大さじ1/2、赤とうがらしを合わせ、キャベツをあえる。
●ひとくちメモ
時間がたつと色が悪くなるので、なるべく食べる直前にあえましょう。
e0238638_1245442.jpg

旬の春キャベツは葉がやわらかくて、ほんとにさっと火が通りました。
箸やすめにぴったりの一品でしたよ。

どうでしょう?
便利そうではありませんか?

ぜひみなさんもこちらから「ベターホームの携帯レシピ」を登録して、水曜日のおたのしみにしてみてくださいね。

e0238638_10151310.gif
ベターホームにはこのほか、料理教室や食文化セミナーの最新情報、通信販売のお買い得情報、旬のレシピなどをお届けする「ベターホーム通信/ベターホームニュース」というメールマガジンもございます!そちらもぜひ見てみてくださいね。



by better-home | 2015-04-27 15:27 | その他

とうさんが「かあさんの味」で春の献立

e0238638_114074.gif

こんにちは。今年はまともにお花見ができなかった福助です。

2歳半になる娘が、つたないながらも歌を口ずさむようになったのですが、
ここ最近は、何かというと春にまつわる童謡を歌っています。

それを耳にしているせいでしょうか、
例年以上に春の訪れを感じる今日この頃です。

さて先日、近所のスーパーで見かけたのが「たけのこ」と「初がつお」。
まさにこの時期ならではの食材たち。

…と、そこで思い出したのがこの一冊です。

e0238638_1957174.jpg

先日、ふたばさんもブログで取り上げていた
ベターホームの新刊本「かあさんの味 家族のために作りたい季節の和食」。
その名のとおり四季折々の家庭料理や行事食の
レシピが掲載されているこの本の「春」の章を開いてみると…


e0238638_12122083.jpg


ありました、ありました。
生のたけのこのゆで方です。


e0238638_12493959.jpg


早速下処理をして、米ぬかと赤唐辛子を入れてゆでていきます。
ゆで汁につけたまま、完全にさますまでの工程は、
それなりに時間がかかりますが、手順は思いのほかシンプル。


e0238638_12515672.jpg

ゆであがったら水につけた状態で保存して、
後ほどいろいろと楽しむことにしましょう。

さてさて、初がつおの方はどうしたかというと…
しょうゆとみりんでヅケにしたかつおを酢飯にのせて、薬味をちらして。


e0238638_12544128.jpg

はい。かつおの手ごねずしにしてみました。
かつおが大好きな私にとっては、
なにがどう転んでも、おいしくないはずがないこの料理。

「かあさんの味」では、端午の節句に作りたい一品として紹介していますので、
皆様もぜひ作ってみてください。
「カツオ=勝つ男」なんて、こんなにおいしい験担ぎなら、いくらでも大歓迎ですね。

ちなみに先ほどゆでたたけのこの穂先を使って、
若竹汁も作ってみました。


e0238638_12563785.jpg

まさにこの時期ならではの味わい。

季節の食材をきちんと味わい、楽しむ、
日々の忙しい生活のなかで忘れがちなことですが、
自分のためにも、家族のためにも、こういう機会をできるだけ多く作ろう、
改めてそんなことを考えた週末のひとコマでした。

実は、この「かあさんの味」には、
個人的に作りたい料理がほかにもたくさん掲載されています。

季節とともに、娘が口ずさむ童謡が移り変わったら、
またこの本をめくって、新たな季節の味を
楽しみたいと思うような一冊。おすすめです。



by better-home | 2015-04-20 12:01 | 料理の本

「家庭料理の会」の洋食メニューを作る

e0238638_14345561.gif
関東では桜の季節ももう終わり。名残惜しくて、北国の人がちょっとうらやましくなります。
お花見と言えばお弁当ですよね。毎年バスケットに食べものや飲みものを詰めて出かけるのですが、先日、事件が起きました。目的地に向かって商店街を歩いていると、なんと、バスケットの持ち手がとれてしまったのです!!

e0238638_17305118.jpg


e0238638_1959495.gif
かなりおどろきましたが、幸い中身は無事でした。
毎年、いろいろなお花見スポットに一緒に出かけたバスケット。少しさみしいけど今後は我が家でマガジンラックとして余生を送ることになりました。
はー、びっくりしました。みなさんも、バスケットで出かける時は気をつけてくださいね!




さて、今回はベターホームのお料理教室の「家庭料理の会」についてお話したいと思います。
家庭料理の会」は、洋食・中華のレパートリーが広がるコース。
「ベターホームの基本5コース」の1つで、初心者向けのコースからステップアップされる方も多いのですが、ふだんお料理をして基本はだいたい身についていると思うので、レパートリーを広げることに重点をおきたい!と、このコースから入会される方もいます。
洋食・中華が半々くらいなのですが、私はどちらかというと、中華メニューびいきです。
煮豚は1ヵ月に1回くらいの頻度で作ってしまうメニュー。
油淋鶏もおいしいし、鶏とカシューナッツの辛味炒めは最高。
だいこんと手羽先の豆板醤煮も冬の定番だし、春巻きも感動のおいしさ・・・
でも、最近久しぶりに洋食メニューを2品作ったらとってもおいしかったのでご報告します。

e0238638_1523229.gif
まずはオムライス。「家庭料理の会」のオムライスは、昔ながらのチキンライスを薄焼き卵で包むタイプ。私はふわふわ卵でドミグラスソースのオムライスが好きで、昔ながらのオムライスにはあまりひかれなかったのですが、このオムライスに出会ってからは、どちらのタイプが好きかと聞かれると困ってしまうくらいになりました。ふわふわ卵のものとはまたちがったおいしさで、時々無性に食べたくなります。

e0238638_17552000.jpg
スタンダードな味つけなのですが、大人も納得のおいしさだと思います。



e0238638_15131243.gif
さらに先日、牛の塊肉が半額だったので、同じく久しぶりにビーフシチューを作りました。
ビーフシチュー。ソースのベースにする野菜をみじん切りにして炒めるところがいわばハイライトで、後は特にめんどうなこともなく作れる料理なのですが、できあがりのごちそう感がすごいです。なんでもない日に作ったので、ちょっと食卓に違和感が出るくらいのオーラが出ていました。もちろん、オーラだけではなく、とてもおいしいです!感動のおいしさです!

e0238638_17575705.jpg

洋食も中華も、本当においしい料理ばかりの「家庭料理の会」。
このレシピとコツを、永久保存したい。
家庭料理の会」のレシピを、きっと一生作り続けていくだろうな~と、しみじみ思った週末でした。




by better-home | 2015-04-13 18:45 | 家庭料理の会

かあさんの味をしみじみ語る

e0238638_155724.gifこんにちは~。みなさまいかがおすごしですか?春眠暁を覚えず、ぼんやり気味のふたばでございます。

さて、お恥ずかしながら、ふたば家の台所のひきだしを開けてみましょう~
(何の心の準備もないときにすみません。。)

オープン!
e0238638_1923497.jpg


この引き出しには、ふたば家でよく使う、殿堂入りのレシピだけが入っているのですが
ベターホームの「かあさんの味」と「家庭料理」が入っております。
「かあさんの味」は、1985年改訂版。
ふたばの母親が30年前に(!!)、ベターホームに通っていたときに購入したものです。
本からはみ出ているボロボロの黄色い紙は、当時の料理教室のテキストです。

30年前の本ですが、いまだにふたば家の「おでん」は、いつもこの本のレシピで作っています。「我が家の定番レシピ」になりすぎて、もはや怖くてほかのおでんのレシピを試せない、というのが正直なところでして。。。

この30年前の「かあさんの味」は、絶対捨てられません。

ちなみにベターホームが最初に「かあさんの味」を世に送り出したのは、1970年。
初版本はこちらです。
e0238638_19233097.jpg

だしのとり方、野菜の切り方、魚の扱い方、乾物のもどし方など、実用的な内容で、当時60万部のベストセラーとなった、ベターホームの記念碑的な一冊です。

家庭の味の伝承役になりたいというベターホームの思いと、いつもともにあるのが、料理の本「かあさんの味」なんですね。(しみじみ。)

e0238638_1957174.jpg
そんな伝統の料理本、「かあさんの味」が、このたび新たに生まれ変わりました!
それが、「かあさんの味 家族のために作りたい 季節の和食」。

季節を感じる伝統の和食を大切にしながら、
誰でも作りやすく、失敗しないように工夫しています。




e0238638_19433348.gif
というわけで早速、この本掲載の「茶碗蒸し」と「肉じゃが」を試してみました!(なんだかいつも「肉じゃが」ばかり作っていますが。。。)

まず、みんな大好き茶碗蒸し!

e0238638_19421388.jpg

の、作り途中の写真です。
蒸し器を使わず、茶碗を湯に入れて蒸す、「地獄蒸し」の方法を紹介しています。
これなら蒸し器をもっていない人でも、気軽に作れますね。
茶碗蒸しの登場回数が増えそうです。

そして、ザ・定番の、肉じゃがです!


e0238638_19582675.jpg

材料は、家にあるもので作ったので、本の通りではないのですが。。。
今までさんざん肉じゃがを、手を替え品を替え作ってきましたが

これはおいしい!とてもかんたんで、おいしかったです!

e0238638_1959495.gif
って、肉じゃが、いきなり、本の通りに作ってないじゃん!




e0238638_201353.gif
家にしらたきがなくて。。さやえんどうもかわいいかなと。。
味つけは本の通りです!まちがいない味でした!

新しい「かあさんの味」も、今後手放せない一冊になりそうです。





by better-home | 2015-04-04 15:22 | 料理の本

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ