<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




梅シロップが出来上がりました!

e0238638_1338748.gif
こんにちは!
ジャジャーン、今週も登場のつけちゃんです。


e0238638_13392037.jpg

毎日、揺すってかわいがっていた
愛しのパープルクィーン。
待つこと1週間、
砂糖が溶けて、実もしぼみ、
とうとう梅シロップが出来上がりました!


梅の実を取り出して、シロップだけ別の瓶に移し、冷蔵庫で保存します。
鮮やかなピンク色は、日が経つにつれ、
だんだんと変化するそうです。
シロップは原液のまま、かき氷にも
使えますよ。


e0238638_13421749.jpg



つけちゃんイチオシは、
なんと言っても炭酸割り!
お好みで、梅シロップの2~4倍の
炭酸水(無糖)で割ります。
甘酸っぱいのが大好き&パープルクィーン
のピンク色をいかしたいので、2倍で割り、
氷とミントも入れました。
これからの暑い季節にぴったりの、
さわやかな酸味♪




しぼんだ梅の実を捨てるのはもったいないので、梅ジャム作りにも挑戦です。

e0238638_13472897.jpg


種を取り、重量をはかります。
早く煮えるように、粗く刻んでみました。
鍋(ほうろうなど酸に強いもの)に、
梅、梅の重量の30%の砂糖、
かぶるくらいの水を入れます。
中火にかけ、鍋底を木べらでこすると
筋が一瞬見えるくらいまで煮ます。
パンに塗ったり、ケフィアにかけて
食べるのがオススメです。
甘酸っぱさがクセになりますよ♪




e0238638_13493146.jpg

もっともっと梅を楽しみたい人にオススメしたいのが、
ベターホームの本「おうちで 梅しごと」です。手軽に
失敗なくできるレシピをたくさん紹介しています。

自分で手をかけて作ったおいしさは格別です。
また、梅に含まれているクエン酸には、疲労回復に
効果があると言われているので、夏バテ・熱中症
対策にもピッタリ。

是非、この時期ならではの梅しごとに挑戦してみてくださいね。



by better-home | 2014-06-30 12:07 | その他

パープルクィーンで梅シロップ作り!

e0238638_1721452.gif
こんにちは!
久しぶりに登場のつけちゃんです。



梅雨に入り、ジメジメした毎日が続いていますが、皆さんお元気ですか~?
雨が続き、洗濯物に悩まされる季節ですが、この時期ならではの楽しみと言えば「梅」!

今年は、あこがれのパープルクィーンで、梅シロップを作ります。
パープルクィーンは赤紫に色づいた小梅で、梅シロップや梅酒にすると、
鮮やかな大人の雰囲気が漂うピンク色に仕上がります(うっふん)。
5月下旬から6月上旬にかけて、JA紀南でのみ栽培される貴重な梅だそう。
もちろん、今出回っている青梅でも、おいしくできますよ!

◆用意するもの
・梅
・氷砂糖or上白糖(梅と同量か、少なめでも)
・保存瓶

e0238638_18132269.jpg





今回届いた冷凍パープルクイーンはこちら→

冷凍ものは、作りたい時に作れるのが魅力。
また、エキスが出やすいので、
皮をむかなくても手軽に作れます。






e0238638_189764.jpg
◆作り方

1.保存瓶はよく洗い、熱湯を回し
  かけたり、アルコールスプレー
  で消毒します。
  

 ※つけちゃん愛用のアルコール
  スプレー「アルタン」。 →
  みそ作りにも大活躍!
  ベターホームで絶賛販売中。



e0238638_18125660.jpg



2.へたを竹串で取ります。
  ひと手間ですが、これが
  ポロっと取れて楽しい。







e0238638_1818041.jpg








3.梅と氷砂糖を交互に入れて、
  混ざりやすくします。









4.冷暗所で約1週間おきます。1日1回はゆすって、砂糖を溶かします。

e0238638_1744574.gif
それでは、1週間後をお楽しみに。
来週は、梅シロップの飲み方や、しぼんだ実を使ったレシピを紹介するよ!



by better-home | 2014-06-23 09:00 | その他

あの子に「お米料理の会」の感想をきいてみた

e0238638_1724670.gif
こんにちは、バジルです!
関東では梅雨に入り、花のように色とりどりの傘が街に開いております。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。



今日は、以前も登場してもらったあの子に、料理教室の感想をきいてみたいと思います。
MMちゃーん!

e0238638_17492258.jpg
はーい!
お久しぶりです♪
(以前の記事はコチラ



e0238638_1751749.gif
「お米料理の会」をはじめてから約半年がたって、
後半にさしかかったと思いますが、あらためての感想をきかせてもらえるかな?
楽しく通っている??



e0238638_17492258.jpg
はい!とにかく美味しい&楽しいです!
お米の会は量が多く、またあまり献立になっていないのですが、
美味しくて全然気になりません。(笑)
いつもペロリと食べてしまいます。(笑)
そして、何より作り方のポイントがよくわかるところが魅力です。


茶巾ずし↓や
e0238638_1812141.jpg

巻きずし↓は
e0238638_1220186.jpg



e0238638_17492258.jpg
本を見ただけでは作るのが難しいものですが、
先生がやり方をじっくり丁寧に説明してくれますし、
1人ずつ作るので、コツも身に付きました。
レパートリーも広がるので、残りの教室もとても楽しみです♪



e0238638_18192056.jpg







実際に教室で作った
ちらしずし、おはぎ


e0238638_1821485.jpg







パエリア

e0238638_18265552.jpg







サラダ巻き
藤の花ずし
の写真です。


e0238638_1751749.gif

わー!すべてとってもおいしそう!上手にできているね~!!
ちなみに習った中で一番お気に入りのメニューは何かな??


e0238638_17492258.jpg
全部美味しいので、一番が決められません!(笑)
でも、しいてあげるなら・・・
牛丼かな・・・
家族も気に入っていて、実は昨日の夜もベターホームの牛丼でした(笑)


e0238638_1751749.gif
ギュ、ギュウドン!!?
いや、もちろん牛丼は大好きだけど、
ちょっと意外な回答でした。
えっと、どんなところが気に入ったのかな?


e0238638_17492258.jpgすごく個人的な理由になってしまうのですが。。
私甘辛い濃い目の味付けがあまり得意ではなく・・・
今までの牛丼のイメージってそうだったのですが。
習った牛丼は味付けが濃くなく、甘みも控えめで、上品な味なんです!
家族もこれまで砂糖多めで作っていたけど、
これくらいの量の方が美味しいねと言っていました。

e0238638_10504888.jpg


←噂の牛丼はこちら
具のおいしい味付けはもちろん、
丼もののごはんの水加減も習えます。




e0238638_18433528.gif
さすが、ちゃんと作れば必ずおいしく仕上がるベターホームのレシピだね!
苦手意識がなくなって、色々な料理を満遍なく食べられるようになることは
とても良いことだね。
皆に人気の牛丼をおいしく作れたらいいよね。



e0238638_17492258.jpgはい!あと、6月の雑穀スティックも目からウロコの一品でした!
雑穀ごはんをつぶしてチーズをつなぎにして、カリっと焼いて・・・
こんな食べ方があるのか!と。
普段あまりお酒を飲まない私ですが、
お酒と一緒に食べるともっと美味しいだろうなぁと
思ってしまいました。(笑)



e0238638_1751749.gifおーーー!
確かにお酒にあう創作料理だね!
それはバジルは作らねば。
色々と感想をきかせてくれてありがとう。




さて、こーんなに魅力的な「お米料理の会」
5月開講クラスは空きがあれば今月2回目からも入会いただけますし、
11月開講クラスも7/29からお申し込み受け付けがスタートします。
ブログをご覧いただいている皆さまも、ぜひご検討くださいね。



e0238638_17492258.jpg
ちなみに私は秋からは「お肉料理の会」「和菓子の会」かで悩んでいます。
「お肉料理の会」は、習った方からすごく美味しい!とよくきくし、
「和菓子の会」は、美味しい和菓子を作れるようになりたいので…。
夏の終わりまでじっくり悩んで決めたいと思います。(笑)




e0238638_18564810.gif
さすがMMちゃん、自己研鑽に積極的!
私もがんばらなくちゃ!



by better-home | 2014-06-16 09:38 | お米料理の会

青い梅と赤い梅の話

e0238638_19424350.gif

青梅が3つ。1つ仲間はずれがあります。
どれでしょう~。

e0238638_10083323.jpg

e0238638_1450869.gif
わかりましたか?
答えは、いちばん奥の1つ。
いちばん奥のだけがほんものの梅で、
あとの2つは和菓子のねりきりなんです。


先日新聞の連載で梅シロップの作り方の撮影をしたのですが、
その時に先生が、「ちょっと遊んでみました」と出してくれました。
遊び方が高度すぎます!!

和菓子も、上級者になると、こんなふうに季節の風物をかたどって
楽しめるんですね、素敵です。
青梅は生で食べるとからだに毒!ですが、
この青梅はおいしくいただきました。

梅が出盛りですね。皆さんは何か作りましたか?
私は梅酒、梅シロップ、梅干しを仕込む予定でいますが、
まだ何もしていないので、そわそわしています。

梅干しは、一昨年初めて手作りしたのですが、
思っていたよりも手軽で、できあがるととてもうれしくて、
毎年作ろうという気になりました。

梅雨があけた頃、天日に干してできあがる梅干し。
去年は干す機会を逃して、「今年はもう干さなくていいかな~」と思っていたところ、
先生たちに「今からでもいいから干したほうがおいしいから干しなさい」
「ぱせりさん、干した?干しなさい」と繰り返し言われ、
8月、夏真っ盛りに干しました。
e0238638_16271700.jpg
e0238638_19385465.gif


あらためて写真を見てみると、日差しがすごい!
おいしくできました。干してよかったです。



「今年こそ梅干しを自分で作ってみたい」という方は、
ベターホームで梅干しを仕込む1日講座を行いますので、ぜひご参加ください↓
首都圏はすでに満員のクラスも多いのですが、
まだご参加いただけるクラスもありますので、ぜひ~




by better-home | 2014-06-09 16:38 | その他

冷凍上手になりたい

e0238638_17374595.gifごきげんいかがですか~?暑くてぼんやり、ふたばでございます。
昨日、あまりの暑さに、家で仕込んでいたみそを冷蔵庫にうつしました。
そろそろ、ぬか床も冷蔵庫に移動させようと思っています。
これだけ暑いと、何もかも、冷蔵庫に入れたくなり、
日を追うごとに、冷蔵庫がパンパンになっていきます。
ああ、冷蔵庫がもう1台欲しい。

ところが。
一段さがって、ふたば家の冷凍庫。

ガラガラなんですよね…。
実は冷凍庫で一番スペースを占めているのは、保冷剤です…。

冷凍しても、忘れてしまったり、解凍が面倒だったりで、
結局使わないまま古くなってしまうことが多く、冷凍庫はあまり活用していなかったんです。
そんなふたばにぴったりの冊子が登場しました!

e0238638_18243599.jpgじゃーん!
ポジティブ フリージング読本」です!
これを読むと、今までは「仕方なく冷凍」していたものが、「あえて冷凍」したくなるらしいです。

それはすごい。

めくってみると、
冷凍についての科学的な説明あり、
おいしく冷凍&解凍するワザあり、
さらには、食材ごとの冷凍&解凍方法を記載した冷凍事典あり(なんと、135食材を扱っています!サンプルはこちら)、
そして、冷凍のしくみを活用した、冷凍だからおいしいフリージングレシピもあり!

e0238638_18421792.gif税・送料込で450円のコンパクトな冊子なのに、
内容が濃すぎます!
とても一言では説明できません。
おいおい、ぱせりさんも紹介してくれると思いますので、ふたばからは、「豚肉のはちみつじょうゆ」の1点突破とさせていただきます。笑


e0238638_1855477.jpgこの冊子で紹介されている、
<フリージングレシピ>のキモは、「食材に下味をつけて冷凍しておけば、食材のおいしさをキープできる。そして、食べるときは凍ったまま加熱調理すれば、おいしさも逃げず、思い立ったらすぐ作れて、かんたん!」というところにあります。

というわけでさっそくトライ!
まずは、「豚肉のはちみつじょうゆ」を冷凍することに。
保存袋に、調味液と豚肉を入れて、もみもみして、冷凍庫に入れます。



そして、冷凍したまま、「おかずが一品足りない!」という日を待ちます。
zzz


e0238638_19385465.gifちょっと待った~!


e0238638_19392379.gifあ、ぱせりさん、こんにちは~。


e0238638_19395914.gif保存袋に書く日付は、冷凍した日じゃなくて、「いつまでに食べればいいのか」という「賞味期限」を書いておくと、さらに便利ですよ。


e0238638_1941793.gif確かに!「豚肉のはちみつじょうゆ」には、<保存期間 約1ヵ月>と書いてあるから、「6月18日まで」って書いておいたほうが、食べ忘れが防げそう!ナイスアイデアですね!


e0238638_19424350.gifえ?
それも、読本に書いてあったはずだけど…。





e0238638_1984380.jpgさて、気をとりなおして、
2週間後。
ついにきました。「暑くて買いものに行きたくないけど夕ごはんのおかずがさみしい」日。
満を持して、「豚肉のはちみつじょうゆ」の登場です。

材料は、冷凍していた「豚肉のはちみつじょうゆ」と、「キャベツ」と、ごま油とこしょうだけ。

レシピにはありませんが、冷蔵庫に残っていた、セロリの葉も加えてみます。



e0238638_1914198.jpgフライパンにごま油と凍ったままの「豚肉のはちみつじょうゆ」を加え、ほぐしながら加熱します。

(ここで、読本に書いてある通り、冷凍の際にもっと平たくしておけば、より早くほぐれたことに気がつきました。次回からはもっと平たくします。)

野菜を加えてざっといため、
黒こしょうをふれば、


e0238638_19164280.jpg「やわらか豚肉のキャベツ炒め」のできあがり!

かんたんです。
味付けをしなくていいって、楽ですね。。

そして、食べてびっくり。
お肉が、やわらかです!
はちみつを加えて冷凍することで、肉がやわらかくなるそうです。
冷凍のしくみをいかしているから、こんなにおいしいんですね。



深い。深いです、冷凍!
今まで冷凍を活用していなくて、ごめんなさい!

「またまた、オーバーなんだから」と思った方。
この「豚肉のはちみつじょうゆ」&「やわらか豚肉のキャベツ炒め」、なんと、立ち読みページにまるっと掲載されています。ぜひ試してみてくださいね☆



by better-home | 2014-06-02 19:29 | 料理の本

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ