<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




“たたき・刺身”だけじゃない、かつお料理

e0238638_10404381.gif
「目には青葉 山ほととぎす 初がつお」
あぁ、なんてすてきな句…
こんにちは。かつお大好き福助です。


初がつおが店頭に並ぶこの時期。
早速ですが、今回はおいしいかつおの食べ方を
ベターホームの先生に聞いてみました。


e0238638_10404381.gif
かつおといえば、なんといっても「たたき」や「刺身」ですが、
ほかになにかおすすめの料理はありますか?



e0238638_104415.gif
そうですね。やはり生で食べることが多いのですが、
初がつおの場合、あっさりとした味わいなので、
すこしだけ油分を加えて、コクをプラスするのもいいですね。


例えば、ごま油で香り豊かな「漬け」にしたり、

e0238638_15131240.jpg














オリーブオイルで表面をさっと焼いて、
「洋風のたたき」に仕上げる、というのもいいですね。

e0238638_15133588.jpg












e0238638_10404381.gif
ふむふむ。おなじたたきでも、印象が変わりますね。
ちなみに、かつおにしっかりと火を通す料理、
というと、どんなものがありますか?
実は、ぼくがあまりにも頻繁にかつおを買ってくるせいで、
家族はたたきや刺身に飽き気味のようで…


e0238638_104415.gif
加熱するとどうしても身がパサつくので、とろみのあるタレと和えたり、
加熱後タレに漬けたりする料理がおすすめです。
野菜たっぷりの南蛮漬けもおいしいですよ。


e0238638_10404381.gif
あっ!それ、食べてみたいです!
こんど自宅で試してみますー




…というわけで、とある週末のお昼に作ってみました「かつおの南蛮漬け」。

e0238638_15245723.jpg

















うん!たしかにかつおの身だけを食べれば、多少パサつくものの、
漬けダレと野菜の水分のおかげで、気になりません。
かつおの独特な風味が苦手という方も、これなら食べやすいですね。

e0238638_104415.gif
ちなみに、パサつきやすいということは、
ほぐしやすいということでもあります。
ツナのような感覚で料理に使うこともできますよ。


と先生から聞いていたので、少しだけ残しておいた身を茹でて、
ほぐして、トマト味をつけて、娘のごはんのおかずに。

e0238638_15331322.jpg











見た目は「チャンジャ(※)」のようですが…
※鱈の内臓をキムチのような薬味であえた韓国の発酵食品

はじめて食べるものに、めっぽう警戒心の強い娘は、
なんとも怪訝な表情をして食べておりました…

かと思えば、南蛮漬けのほうはお気に召したようで。

e0238638_15345125.jpg












e0238638_104415.gif
DHA・EPAに、鉄分、そして良質なたんぱく質が豊富なかつおは、
女性やお子さんに、ぜひ食べてもらいたい食材のひとつなんですよー



e0238638_10404381.gif
先生、ありがとうございました!
今年はかつおが不漁とのことで、値段の高い時期が続いていましたが、
最近は少し落ち着いてきたようです。
みなさんもちょっと目先を変えたかつお料理、
試してみてはいかがでしょうか?




今回の南蛮漬けのレシピは、「ベターホームの魚料理」に載っている
“豆あじの南蛮漬け”をアレンジしたもの。魚好き必読の一冊です。

e0238638_15495118.jpg



by better-home | 2014-05-21 14:58 | その他

野菜で作る、かんたん美味について

e0238638_15182813.gifこんにちは、バジルです。
関東は初夏の陽気で、外を歩くと汗ばむほどになりました。
でも、新緑が目に嬉しい気持ちのよい季節で、
毎朝思わず大きく深呼吸をしてしまいます。



さてさて、今日はバジルがひそかに熱愛しているコース
「野菜で作る、かんたん美味」について紹介します!
じゃーん!


e0238638_15243123.jpg











※写真は5月の実習内容
「新じゃがと豚バラ肉の粒こしょう煮」「キャベツのアンチョビソース」「そら豆の春サラダ」


e0238638_15264929.gif

このクラスはずばり
野菜料理のレパートリーがぐんっと広がります!




馴染み深い、きゅうりやキャベツ、ねぎやだいこんは小わざをきかせて目新しく。

積極的に取り入れたい季節感あふれる食材、
そら豆やゴーヤー、谷中しょうがやたけのこなども
目からうろこのおいしい食べ方が習えます。

しかもすべての内容が、かんたんで短時間でできるものばかり。
(教室の実習時間も他のコースより30分短いんですよ)
だから、毎日のおかずや酒の肴に大活躍なんです!

どの月のメニューも頻繁に自宅で作るのですが、
最もお気に入りなのが、コチラ

e0238638_15432895.jpg

8月の「夏野菜のカレー炒め」!
これからの季節、バジルは「何作ろう」と悩んだら
これを作ってしまいます。
それくらいおいしくて、周囲の人にも好評です!



オクラとパプリカ、ズッキーニの彩りが綺麗だし、
コクあるカレー味が食欲を刺激。
思わずビールもすすみます。

他にも。
わんたんにきゅうりを入れるなんて最初は「えっ?」と思ったのですが、
今では夏のヘビロテメニューのコチラ
e0238638_15551069.jpg
6月の「きゅうりわんたん」
きゅうりのシャキシャキ感がたまりません!
温かいままでもおいしいですが、
バジルは暑い時期に写真のように氷を入れて
冷やしていただくのが大好きです!
ごま油の風味が、またたまらないんです~(ウットリ)



主菜だけでなく、もちろん



e0238638_18591541.jpg

「かぶとアスパラのバター煮」(4月)や




e0238638_1856714.jpg

「かぼちゃとみょうがのごま酢」(9月)など



e0238638_16543882.gif

手軽かつ目新しい副菜も多く習えるので、
「もう1品欲しいな」というときにも重宝します。



5月開講のクラスでも、空きがあれば6月(2回目)からご参加可能ですので、
ぜひ皆さんも「野菜で作る、かんたん美味」で野菜の使い方のレパートリー
広げてみてくださいね。


お待ちしていまーす!



by better-home | 2014-05-19 19:00 | 野菜で作るかんたん美味

みそ部 活動報告 2

e0238638_9421213.gif
こんにちは。福助です。
今朝もみそ部で活動してきました。
2度目の天地返しです。


ちなみに、これまでの活動はこちら。
みそ部に入部しました!
みそ部 活動報告

そこで、本日も早速みなさまにご報告を、
とは思うものの、活動内容としては、前回とほぼ同じ。
デジャヴ感漂う投稿となりますが、しばしお付き合いください。


なにはともあれ、まずはみそとご対面です。

e0238638_10385794.jpg













「みそだまり」がたっぷり。今回もかびはでていないようです。


ちなみに、1ヵ月前の様子はこちら。

e0238638_1113943.jpg














さらに1ヵ月前(仕込み直後)がこちら。

e0238638_1061021.jpg













写真ではわかりづらいかもしれませんが、
みそがなめらかな状態になっています。


そのせいか、前回はわりと力仕事だった天地返しも、かなり軽やかに。

e0238638_10512828.jpg













天地返しが終わったところで、
部員のみんなで少しずつ味見をしたのですが、
着実に「おいしいみそ」に育ってくれているようで、
なんともうれしい気分になります。

もうこの時点で、きゅうりにつけて頬張りたいくらい。

この後は表面をならして念入りに消毒。
ふたをしてねかせたら、今回の活動も無事終了です。

遠くない完成の日に想いを馳せながら、
始業の時間を迎える部員たちなのでした。




今回は、さすがに出番の少なかった、この本。

e0238638_10265462.jpg








みそづくりにチャレンジしたい方はぜひ。
それから、材料と道具はコチラ



by better-home | 2014-05-13 10:23 | その他

おやつに和菓子を作ってみた

e0238638_13452297.gifこんにちは!ふたばでございます。
風薫る5月。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年のこどもの日、柏餅は召し上がりましたか?
柏餅、桜餅、花びら餅。
季節の和菓子を食べないと、正直、その季節を過ごした気になれません。

e0238638_16133266.jpg


単なる食いしん坊です。笑

さて、和菓子といえば。

連休中、「何か、いつもと違うことがしたい!」という気持ちがムクムクと湧き上がりまして、
おやつに和菓子を作ってみました。

その1。 卵好きにはたまらない! きみだけが好き、黄身しぐれ

ほろりと口の中でほどける、黄身しぐれ。やさしい味で大好きな和菓子です。
和菓子の会では6月に習います(こちら)。
和菓子の会で習うまで、自分で作れるとは思ったこともなかったのですが、
習ってみて、はじめて知った、衝撃の事実。

黄身しぐれは、外側も、内側も、ぜんぶ「あんこ」

って、ご存知でしたでしょうか。。。

白あんに、卵の黄身をまぜた生地で、こしあんを包んで、蒸します。

e0238638_1516449.jpg蒸す前は、こんな感じです。緑のほうは、抹茶を生地に混ぜています。

ちなみに、この、「黄身しぐれ3個」+「抹茶しぐれ3個」が、教室で作る1人分の分量です。

自分のぶんは自分で作るので、和菓子作りの基本がしっかり身につきます。

結果、和菓子初心者ふたばも、今では自分で家で和菓子が作れるようになりました。
えっへん。



蒸しあがると。。。

e0238638_15155355.jpgじゃーん!
黄身しぐれの割れ目から、忍ばせていた抹茶生地がのぞきます。

この抹茶生地も、香りがよくてとってもおいしいです。

黄身しぐれには、黄身を1.5個分くらい使います。
今回、残った白身と黄身は、ぜんぶ混ぜて卵焼きにして夕ごはんのおかずにしてペロリ。

卵好きの方におすすめです!



その2。くるみ入りの生地でくるみます。くるみ大福

とにかくかんたんでおいしくて驚くのが、和菓子の会11月の、写真のうしろの方にうつっている、「くるみ大福」です。

e0238638_15305085.jpg生地はなんと、電子レンジで作れます。

レンジでチンして作った生地に、ローストしたくるみを混ぜて、つぶあんを包むだけ!

粉と砂糖とくるみとつぶあんがあれば、朝思い立って作り始め、出かける前にできあがる。
そんな勢いです。




e0238638_15372149.jpgそんなこんなで、びっくりするほどかんたんなのに、仕上がりは、なんだか手が込んだように見えるので、お得です。

皮はやわらかで、ローストしたくるみが香ばしく、本当においしい!!

食べたくなったときに、ささっと作れる手軽さ。
すばらしいです。




さらに、黄身しぐれも、くるみ大福も、冷凍できるんですよ。
食べ切れなかったぶんは、ちゃちゃっと冷凍しておきました。
日持ちや、冷凍・解凍のしかたも、教室で習えるのがうれしいポイント。

手作りの和菓子をちょっとした手土産に持っていくと、異様に盛り上がりますし、
今まであまたのコースを受講しましたが、
和菓子の会、一度習っておくと、おおげさでなく、少し世界が広がるので、おすすめです。
5月開講の和菓子の会、まだ間に合いますので、お申込みはお早めにどうぞ。



by better-home | 2014-05-07 15:26 | 和菓子の会

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ