<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧




あの子が和菓子の会に通う理由

e0238638_11341810.gif

コニチハー!
バジルデスー!




ブログを読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、
ベターホームで働く職員も、ベターホームのお料理教室をよく受講しています。
(それくらいいい内容ってことです。エヘン006.gif

この秋からも、皆さまざまなクラスへ申し込んだ模様。


e0238638_1344065.jpg



その中で、今日は「和菓子の会」
を申し込んだというHちゃんに話をきいてみます。








e0238638_12282496.gif
Hちゃん、おつかれさま~!
今日はね、秋からのコースをまだ決めかねている人もいると思うから、
Hちゃんが「なぜ和菓子の会を申し込んだか」をきかせてもらえるかなー?



e0238638_12431368.gifはい。よろしくお願いします。
日ごろは洋菓子が好きで、
和菓子の作り方はさっぱりわからない私。
せっかく日本人にうまれたので、
和菓子を作れるようになるといいなあ
(女子としてのポイントが上がるだろうなあ)
という動機で興味がありました。



e0238638_12445099.gif
ふむふむ。
淑女の嗜みとしてってことね。素敵な心がけ!053.gif
でも、難しそうだなあ、といったハードルは感じなかった?




e0238638_12483432.gifそうそう。そのへんの和菓子の本を見ていると、とても難しそう。
道具も「和菓子屋になる気かよ!」というぐらい大がかりだし・・。
「和菓子の会」は和菓子作りがはじめての人でも気軽に作れそうだし、
普通の家の台所でも作れるように考えられてるみたいなので、
これならやってみようと思えました。




e0238638_12541447.gif
そうなの!
ベターホームの「和菓子の会」は一見難しそうに思える
可憐な和菓子でも、身近にある道具で作れるように工夫
されているので、和菓子初心者でも安心して通えるんだよね060.gif


たとえばこんなふうに
e0238638_15314066.gif










e0238638_13464977.gifはい。うちの母は洋菓子をほとんど食べないので、
和菓子をマスターしたら作ってあげたいです。
いっしょに通う友人のFさんは、お菓子作りはおろか、
日ごろは料理さえ一切しないという人。
でもパンフレットやHPを見せると、
「これならできるかも。工作っぽくて楽しそー」と言って
「和菓子の会」入りを決めていました。



e0238638_13522815.gif
お友だちも一緒通ってくださるのね。ありがとうございます!016.gif
一番楽しみにしているのはどのお菓子?




e0238638_14104443.gif
いちばん楽しみなのは、3月の桜餅!
私の地元は関西なので、桜餅といえば道明寺。
関東風の桜餅は作ったことはもちろんなく、
食べたことも数えるくらいしかありません。
「和菓子の会」では2種類を作りくらべることができるので、
とても楽しみです。


e0238638_14182862.jpg
あとは、ねりきりも楽しみ。
ザ・和菓子というか、これが作れると、
「わたし、和菓子作れるんです」って顔ができると思って・・。
色づけしたり形作ったりが難しいのかな?と思いますが、
はやく挑戦してみたいです・・・(興奮)




e0238638_14201784.gifやる気がみなぎっていて素晴らしい!016.gif
ぜひ通い始めてからの感想もきかせてね。
さてさて、11月開講のクラスですが、
今日ご紹介した「和菓子の会」のほか「お菓子の会」「手作りパンの会」など人気の手作り系講習会も、
時間帯や教室によってはまだまだお入りいただけます!

通い始める理由は人それぞれだと思いますが、
このブログなどをご参考に、ぜひご検討くださいね。
お待ちしていまーす060.gif



by better-home | 2013-10-29 15:55 | 和菓子の会

おばけかぼちゃを手作りしよう!

e0238638_16371480.gifはじめましてー!つけちゃんです。
自己紹介はこちら
手作りが大好きな妖精です。
どうぞよろしくね。


10月になると、町中がおばけかぼちゃでいっぱい。

このおばけかぼちゃは「ジャック・オ・ランタン」(ランタンを持つジャックという意味)
と呼ばれ、アイルランドやスコットランドに伝わる鬼火(火の玉)だそう。

おばけなんだけど、とってもカワイイ♪♪

10月31日のハロウィンに向けて、小さなかぼちゃでランタンを作って、
悪者を追い払っちゃおう!

<用意するもの>
*かぼちゃ(お花屋さんやホームセンターでいろんな色や形のものが売っているよ)
*マジックペン
*包丁(カッターやナイフでもOK)
*スプーン
*キャンドル(背の低いもの)

<作り方>
①まず始めにマジックで顔を描くよ。

e0238638_16393583.jpg



顔の表情を変えれば、いろいろなおばけでにぎわいます。



②かぼちゃの中身を取り出して、キャンドルを入れるスペースを作るよ。

e0238638_16513932.jpg



オレンジかぼちゃは上を切ってみました。奥深くまで切り込みを入れるのがポイント!



e0238638_16572179.jpg



緑かぼちゃは後ろを切り落としました。



③スプーンで種とワタをきれいに取り出します。
e0238638_16593798.jpg



水分が残っていると、カビの原因になるよ。


④包丁などで、顔のパーツをくり抜きます。
e0238638_17464130.jpg



包丁は力を入れすぎるとスッと切れるので、気をつけてね。


⑤キャンドルを入れて、火をつければ完成!
e0238638_1723673.jpg


と思いきや、あれれ? 
ふたが厚くて、火がついて、消えてしまいました。
ふたを薄く切って応急処置。(汗、汗)


⑥できあがり!!
e0238638_1745959.jpg



温かみのある光で心が癒されます~。


<保存>
・常温に置いておくと、どんどん乾燥して、シワシワになるよ。カビも発生しちゃう。
・ラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。それでも、1週間を目安に使いましょう。

e0238638_17135763.jpg
ハロウィン前の今週末に作るのがオススメ。
みなさんもいろんな顔のおばけかぼちゃを作ってみてね~。
ハッピーハロウィン!!


<おまけ>
e0238638_17491444.jpg
あれ~?
黄色のかぼちゃがいないよ~。
実は、固すぎて、切れなかったの。
このままでも十分カワイイので、
一緒に飾っちゃいます!





by better-home | 2013-10-21 16:40 | その他

いただきグラノラ

e0238638_14422026.gif料理教室の先生に、グラノラのおすそ分けをただきました。
『とっておきの保存食とおすそ分けレシピ』を見て作ったとのこと。グラノラは、オートミールとナッツに甘いシロップをまぶしてオーブンで焼いたものです。


ちょっとアレンジしたそうで、グリーンレーズンやアプリコットが入って、カラフル!
さっそく、朝食にいただきました。
おいしいものがあると思うと、朝、スッキリ起きられるのが不思議です。


e0238638_14442048.jpg

サクサク、香ばしく、甘いんだけど、くどくない甘さで、おいしい~!!
私は牛乳をかけて食べましたが、ヨーグルトやケフィアに入れても、そのまま食べても。
時間がない朝でもささっと食べられるので、作って常備しておくとよさそうです。
(保存容器に入れてしけらないようにすれば、3週間くらい持つそう)
でもきっと、保存するまでもなく、すぐ食べちゃうだろうな・・・。



by better-home | 2013-10-15 14:51 | 料理の本

白熱!料理の本「ベターホームの野菜料理」その2

e0238638_1323151.gifこんにちは!ふたばでございます。
先週に引き続き、「ベターホームの野菜料理~あいうえおで引ける野菜別のおかず300品」のおすすめ料理をご紹介します。


e0238638_1329610.jpg
このブログでは初登場の、つけちゃんに聞いてみました!
つけちゃんは、手作りが大好きな、漬けものの妖精です。
つけちゃんの自己紹介はこちら

つけちゃんのお気に入りは何ですか~?


e0238638_1781924.gifはじめまして!
漬けものの妖精、つけちゃんです☆
おすすめは「カリフラワーとかきのクリーム煮」です。


e0238638_17103591.jpg妖精なだけに、とっても身軽なんですが、実はまったりしてコクのある濃厚な味が大好き。

海のミルクとも呼ばれる、栄養満点のかきと、カリフラワーを使います。

牛乳と、かきのミルクで、ダブルにミルク!濃厚好きにはたまらない1品です☆

カリフラワーはふつうは熱湯でゆでてから加えますが、ここでは鍋に直接投入OK。ひと鍋で作れてとってもかんたん。おためしあれ☆





e0238638_17223441.gifダブルにミルク!魅かれますね~。

最後に、私のおすすめは、これです!


e0238638_17234930.jpg「じゃがいもと豚肉のこっくり煮」!!
え?「ふつうじゃん」ですって?
これ、見た目ふつうですけど、とんでもない1品です。
材料も作り方も驚くほどシンプルで、だしすら不要。
なのに「なんで?」というくらいおいしいです。

レシピでは、かたゆで卵を加えて5分ほど煮るのですが、
半熟ゆで卵を愛してやまないふたば家では、
半熟ゆで卵を大量に作って(数は恥ずかしくて言えません)、
火を止めたあとで投入して味をしみこませます。

ほうろう鍋で作って、そのまま食卓へ。
ふたを開けたとき、歓声があがります。(ふたば家では。)

ふつうの食材で、大盛り上がり。
これぞ、名作です。

ほかにも、紹介しきれない、名作料理が目白押し!
ベターホームの野菜料理~あいうえおで引ける野菜別のおかず300品」、
ぜひ手に取ってみてください。



by better-home | 2013-10-07 16:10 | 料理の本

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ