カテゴリ:料理の本( 26 )




魚のおかずをもう一品

e0238638_10404381.gifこんにちは。福助です。

本日の東京は桜が一気に満開となりそうな
春らしい陽気となっています。
朝、布団から抜き出すのも苦にならない季節ですね。


さて、先日のバジルさんの記事に続いて
私もベターホームの新刊「さばかない・おろさない!魚のおかず90
から一品ご紹介します。

e0238638_15434039.jpg
魚介類が大好きな我が家では、
早々にこの本を入手し、活用しているのですが、
先日作ったのがこちら。
e0238638_15440912.jpg


「ぶりのコチュジャン炒め」です。

魚を使った炒め物、決して嫌いなわけじゃないのに、
なかなか作る機会がないのは、
やはりレパートリーが狭いからでしょうね。

そういう意味では、この本には、
これまで挑戦したことのない料理が満載で、
ぜひ、皆様もお手に取っていただきたいと思っているわけです。

それから、もう1点、この料理を作ってみたのには理由がありまして、
それが「にんにくの芽」です。

ご覧のとおり、ぶりとともに、
たっぷりとにんにくの芽を使うのですが、
妻と暮らすようになってから、
我が家でにんにくの芽を使った料理が登場するのは、これが初めて。

決して嫌いなわけではないのに、どちらかと言うと好きなのに、
だから中華料理店などではたまに口にするのに、
なぜ、数年間もの間、登場しなかったのか。

この事実にはっとし、作らずにいられなかったのです。

あなたも「さばかない・おろさない!魚のおかず90」を読めば、
意外な食材との出会い・再会があるかも!

…という、若干無理のある宣伝文句で、本日は失礼いたします。





by better-home | 2017-04-05 16:31 | 料理の本

魚料理のレパートリーが増える本出ました!


e0238638_18584464.gif
みなさんこんにちは、バジルです!
サクラ前線北上中、それぞれの地域で春の到来を感じる日々かと思います。
バジルも毎朝、心なしかウキウキ。季節の往来は、やはり良いものですね。





今日は、ベターホームの春の新刊を紹介したいと思います!
その名の通り、切り身や刺身、缶詰などさばいたりおろしたらする必要のない、魚の食材だけを使用した魚料理の本なんです。

皆さんの食卓には、魚がよく登場しますか?
週のうち約半分の夕食は魚です、というご家庭の方すばらしいですね。

良質なたんぱく質や血中の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを
減らす働きのあるEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれている魚類。

e0238638_11545700.gif

バジルは積極的に取りたいと思いつつ、恥ずかしながら、登場回数をなかなか増やせず過ごしてきました。


その理由は、まず第一に「これ!」というレパートリーが増やせないことでした。
塩焼か、照り焼き、バターソテー、煮魚、以上!で…カルパッチョもいつも同じソース。

魚好きの家族から魚料理をリクエストされても、レパートリーに自信がなく、気が進まなかったんです。
でも、この新刊を手にしてから、魚料理に向き合う気持ちが変わりました!

野菜でおめかしぶりサラダ(レストランやカフェみたい!)

e0238638_12394320.jpg
や、たらとじゃがいもの卵とじ(ポルトガル料理みたい!)

e0238638_19041360.jpg

など、パラパラめくるだけで目新しいメニューがたくさん。

そして、冒頭にご紹介しましたが、この本のメニューはすべて、おろす必要のない素材を使っているので、忙しい平日にも気軽に取り組めるのが魅力です。

ああ、なんて、すばらしいのでしょう。(感嘆)

先日も、閉店間際の食品売り場に駆け込んだら、刺身が半額以下になっており歓喜しました。
今までだったら、そのまま食卓に出すか、いつものソースを添えてカルパッチョとして食べておりましたが、その日の我が家は違いました。

どうしたかというと、こんな風に

e0238638_12523033.jpg


e0238638_12533072.gif
セビーチェにしてみたのです。
セビーチェといえば、ペルーやメキシコ発祥の魚介のマリネですが、ライムやレモン、青唐辛子などを用意しないと本場のおいしさに近づけない気がして自宅ではなかなか作ることはありませんでした。


ですが、この本で紹介しているレシピは、柑橘はグレープフルーツジュースを使うので手間なし、赤唐辛子で気軽です。
香菜はふだん冷蔵庫には無いかもしれませんが、ぜひ使ってみてください。
一気に南米気分!を味わえます(行ったことないけど)。

実はバジルはペルー料理を習いに行ったこともあるのですが、そこで習った本格的なものに負けず劣らずで感動しました。
家族にもとても好評でしたよ♪

e0238638_12534427.gif
そしてこの本には、切り身や刺身だけでなく、シーフードミックスや缶詰を使ったメニューも多数掲載しているので、頻繁に買い物に行けない時でも味方になってくれそうです。



このブログだけでは、魅力が伝えきれないので(すみません)
皆さんもぜひ書店さんや、ベターホームのショップで現物をご覧になってみてくださいね。
きっと私が感じた魚料理への新たなワクワクを、同じく感じてもらえると思います!

もちろんベターホームのネットショップからも大歓迎です!
それでは、また!




by better-home | 2017-04-03 19:05 | 料理の本

梅シロップ、らっきょう、ガリ、 袋で作る保存食

e0238638_14345561.gifこんにちは。今年も折り返し地点となりました。
そして暑くなってきましたがみなさまいかがお過ごしですか。

私は、梅の季節がそろそろ終わることに焦っています。
というのも、今年はまだ梅干しを仕込んでいないから。
今週末、ぜったいに仕込みたいと思っています!!

今年はベターホームで、「袋で作る保存食読本」という冊子を発行しました。
すでにお手に取っていただき、梅干しを仕込まれたという方は多いのではないでしょうか。

e0238638_1523229.gifこの読本に載っている方法は本当にかんたんで、初めて梅干しを漬けるという方にとってもおすすめです!
梅干しだけでなく、ほかにもいろいろ保存食の手軽な作り方が載っているのです。
先週末に、いろいろ仕込んでみたのでご紹介します。
左から、ガリ、らっきょう、梅シロップです。

e0238638_20120003.jpg

ガリは、お寿司のおともとしておなじみ、新しょうがの甘酢漬け。
e0238638_20110759.jpg
新しょうがの皮をこそげて、薄切りにして、保存袋にIN。
甘酢を注げば、後は漬けておくだけです。まあ、手軽!
白っぽいしょうがが、甘酢を注ぐと、なんとほんのりピンク色に色づきます。ときめきの瞬間です。

Before
e0238638_20111768.jpg
After
e0238638_20112616.jpg


らっきょうは、皮をむくのがいちばんの難関。難関というか、面倒なだけなのですが。
カレーには福神漬けよりらっきょう派なので、できあがりが楽しみです。
e0238638_20114101.jpg

そして梅シロップ。
梅シロップはいろいろな作り方があるのですが、「袋で作る保存食読本」でご紹介している方法は、“梅の皮をしま目にむく” “酢を加える”という特徴があります。
「梅の皮をむくなんてめんどくさいよ~」と思ったのですが、何でそういうレシピにしたのかを先生に聞いたところ、梅のエキスが出やすくなるので、失敗しにくいとのこと。
たしかに、ひと晩でたくさん梅のエキスが出て、びっくりしてしまいました!
酢を入れるのも、発酵を抑えて失敗を防ぐためだそうなのですが、さっぱりした飲み口になってとてもおいしかったです。

e0238638_15131243.gif普段あまり作らないものなので、「手作りする」というとハイレベルに感じますが、とっても手軽にできるので、ぜひぜひお試しください!




by better-home | 2016-07-01 19:27 | 料理の本

旬のたけのこ、おいしすぎて食べすぎ注意報

e0238638_14345561.gif連休の狭間の登校日のような今日。「休みの人が多く電車が空いていて座れるだろう」という希望を抱いて家を出たのに、意外と混んでいて意気消沈したぱせりでございます。
連休前半、特に遠出をせず、衣替えをしたり、たけのこをゆでたりして過ごしていました。

旬のたけのこはおいしいですよね!
普段は水煮を買ってしまいますが、掘り立てのたけのこがお手頃価格で売っていたので、家でゆでることにしました。

2年ぶりにゆでるたけのこ。参考にしたのは、和食基本技術の会の副読本「和食の基本」です。たけのこのゆで方がわかりやすく掲載されています。
手順の写真も載っていて、どのレシピもおいしく、とても気に入っている本です。
写真の右下にあるように、料理のポイントが五、七、五で表現されているところも、「なぜ五、七、五?」とちょっと訳がわかりませんが、その訳のわからなさも含めて愛しい一冊です。
e0238638_15494894.jpg


e0238638_1523229.gifたけのこというと、苦い思い出があります。
あれは一昨年の桜の季節のこと。友人たちとのお花見に、たけのこごはんを持って行こうと、たけのこを2本買ってゆでました。
ところが雨で、お花見は中止。
それから毎食たけのこづくしの料理を作り、せっせと消費していました。
旬のたけのこはとってもおいしくて、毎食たけのこづくしでも、ぜんぜん飽きなかったのです。

ところが、2日目に急に気持ち悪くなり、たけのこを食べたくなくなりました。
そして顔には数ヵ所、大きな吹き出ものが・・・。
検索してみたところ、たけのこを食べ過ぎると胃があれるとか、吹き出ものができるという情報が。
ちなみに皮膚科に言って「たけのこを食べ過ぎた」と先生に訴えたところ、「たけのこのせいかな?」と、首を傾げられましたが・・・。
“どんなにおいしくても食べすぎはよくない、いろいろなものをバランスよく食べるべし”ということを、身をもって知ったできごとでした。

e0238638_15131243.gif

今年は、「たけのこ料理は1食1品まで」という独自ルールを作り、適量のたけのこを楽しんでいます。
大好きなたけのこごはん。ベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」でも、大人気のメニューです!

e0238638_17455853.jpg

e0238638_15131243.gif

たけのこかか煮は、「週末のゆったりごはん」で習えます。お弁当にもぴったりです。

e0238638_17480530.jpg


e0238638_15131243.gifそして私がいちばん好きなたけのこ料理は、焼きたけのこです。
みりんとしょうゆ同量に30分くらいひたして、グリルで焼くだけ。
写真はありません。なぜなら好きすぎて、写真を撮る前に食べてしまったから・・・



そんなおいしいたけのこの旬も、あと少し。
連休後半に、あと1回くらいおいしいたけのこを味わいたいなと思っているところです。
食べ過ぎないように気をつけます!!




by better-home | 2016-05-02 17:56 | 料理の本

ひとり分の和食

e0238638_18412926.gifこんにちは、バジルです。
さいきんのマイブームはかぶと柿のサラダです。

今日は12月1日発行のベターホームの料理本「ひとり分の和食」について紹介したいと思います!
どーん!

e0238638_18481253.jpg


e0238638_18412926.gif
この本はその名の通り「かんたんなのに、きちんとおいしい!」ふだんの日に使える、ひとり分の和風おかずレシピ集。
ひとり分では作りにくいと思われがちな和食を、鍋ひとつでおいしくできるよう、ベターホームの先生が考えました。


毎日の食事作りには”作りおき”や”まとめ作り”が役立ちますが、かといってそんなに完璧に組み立てられるわけでは無いとバジルは思っています…が皆さんはいかがでしょうか。

そして忙しかったり、風邪をひいたり、予定がたたなかったり、計画通りにいかず疲れ気味の時こそ、手作りのあたたかいものをバジルは食べたくなります。

そんな時こそこの「ひとり分の和食」

先日も、家族は出張で家には自分だけ、冷蔵庫の中身は乏しい、かといって次の日に外食の予定があったので、しみじみほっこりした手作りのごはんが食べたいなーというワガママな思いを抱えて帰途につこうとしていました。
「はっ!こんなときこそ新刊”ひとり分の和食”が活躍だわ!」と、皆さんよりひと足先に新刊のレシピでおうち定食させて頂きました!

結果はというと…
e0238638_19483870.jpg


e0238638_19493847.gif見た目イマイチで申し訳ありませんが、、「ひとり分の和食」から「ぶりだいこん」、「なめたけ」と前日の残りの「ひじきのあえもの」で一汁三菜定食!自分的には大満足でした!
ぶりだいこん、写真だと色がイマイチですが、味がしっかりしみておいしかったです~。


ちなみに準備にかかった時間はちょうど30分くらいでした。手軽!

このぶりだいこん、材料はというとなんとこれ↓と調味料だけ。

e0238638_19575656.jpg

ぶり1切れとだいこん100g、しょうが。ますます手軽だと思いませんか。

そして、やはり家で食べる手作りのごはんは、代えがたい魅力があるなあと食後ゆっくりしながら思ったのでした。「ひとり分の和食」に感謝。

皆さんも、書店や教室でぜひ新刊手にとってみてくださいね。
ライフスタイルによって色々なシーンにマッチすると思います。
では、また!



by better-home | 2015-11-26 11:56 | 料理の本

作ってみよう、たこさんウィンナー

e0238638_114074.gif
こんにちは。
運動会シーズン&行楽シーズン、
屋外でお弁当を囲むシーンも多いのではないでしょうか。

我家でも娘(3歳)の運動会に向けて、
どんなお弁当にしようか思案する機会がありました。

両親の食の好みもあってか、
普段あまり子どもらしい料理を口にすることがないうちの娘…
もずく酢、するめ、ホルモン焼きを美味しそうに食べるうちの娘…

そうだ!今回はきちんと子どもらしい弁当を作ってあげよう!

…と、ここで取り出したるはベターホームの
料理の本『お弁当がすぐできる、便利なおかず』。

「子どもわくわく弁当」というコーナーのなかで、
いわゆる「たこさんウィンナー」に代表されるソーセージの飾り切りの方法が
いくつか紹介されています。

あぁ、こういうの作ってあげたことないなぁ…というわけで
今回はソーセージの飾り切りに挑戦(というほど大そうなものではないですが)です。

まずは、レシピどおりに切り込みを入れていきます。

e0238638_1936819.jpg


切り込みを入れただけですので、見た目はほとんどソーセージのまま。

これをフライパンに並べ、弱火でいためると…

e0238638_19362689.jpg


少しずつ、でも確実に「たこさんウィンナー」へと姿を変えていきます。
弱火でいためるのがポイントのようです。

さかなとかにも投入したら、こんな感じに。

e0238638_19384445.jpg


さらに、調子に乗ってオリジナルのいかを追加して、
仕上げにのりで目を作って、たこにはきゅうりでできた鉢巻も…

e0238638_1939031.jpg


うん!これは、見た目に楽しい。

他のおかずとともに、おニューの弁当箱に詰めたら、
なかなかどうして、実に子どもらしい印象になりました。

e0238638_19392089.jpg


娘はお弁当を見てひとこと「すごいねー!」と言った後は、
とくに執着することもなく、ぱくぱくとソーセージを食べていました…


子ども向けのお弁当以外にも使えるノウハウが
たくさん詰まった『お弁当がすぐできる、便利なおかず』。
ご興味のある方はぜひ。

e0238638_1016035.jpg



by better-home | 2015-10-20 17:50 | 料理の本

重宝してます「きゅうりのしょうゆ漬け」

e0238638_114074.gif
こんにちは。
関東地方は梅雨が明けたと思ったら、
いきなり本格的な夏の暑さに…
人一倍暑がりな私には試練の季節到来です。

さて、先日、当ブログでぱせりさんが取り上げていた
『いたみにくい&安心 作りおきとお弁当読本』
※記事はこちら

今日は、このなかに掲載されているレシピのなかで、
最近我が家で頻繁に作るようになった一品を
紹介させていただきたいと思います。

それがこちら…

e0238638_14215712.jpg

はい!「きゅうりのしょうゆ漬け」!
どうですか、この地味なビジュアル。
ブログの主役に抜擢するのはいささか気が引けますが…
でも、ほんとうにオススメなのです。

作り方はとてもシンプル。
きゅうりを7~8mmの厚さに切ったら、塩をふって水気をだし、
煮立てた調味料で1~2分煮て、常温まで冷ます。
後は、この「煮て冷ます」を2回繰り返すだけ。

煮る前と…


e0238638_14245931.jpg


煮て冷ますを繰り返した後…

e0238638_14243199.jpg

う~ん、やはりどこまでも地味ですね…

ただ、このきゅうりのしょうゆ漬け、
じんわりと美味しくて、ほんとうに箸がとまらなくなるのです。
市販品と比べると、味にとがった感じがなくて食べやすく
ぽりぽりとしたきゅうりの食感も楽しめます。

普段はそれほど漬物が食卓に並ばない我が家でも
このきゅうりのしょうゆ漬けは欠かせない一品になりました。

それだけでなく、いたみにくいということで、
友人・知人とBBQをするの際の、ちょっとした持ち寄り品としても重宝しています。

e0238638_14251696.jpg

肉が焼けるまでにはもう少し時間がかかる、
でももうビールは開けてしまった、
そんなに時、ひっそりとテーブルに置いておくと、
なんだかんだであっという間に無くなります。

きゅうりとビールが美味しいこの時期にぜひお試しを!



by better-home | 2015-07-21 09:48 | 料理の本

暑い季節のお弁当

e0238638_14345561.gif天気が悪くて、梅雨だな~としみじみ感じる今日このごろ。
先日扇風機を買ったので、この夏は涼しい風をあびて過ごそうと思っているのですが、今のところ、もっぱら部屋干しの洗濯物が風をあびています。

さて、こんな梅雨時や、暑い季節。
会社にお弁当を持って行っている人や、家族のお弁当を作っているという人は、「いたまないかな・・・」と、不安になってしまいませんか。


ベターホーム協会では、先月『いたみにくい&安心 作りおきとお弁当読本』という冊子を発行しました。
このブログで紹介したり、様々な新聞などで紹介されたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
お弁当で衛生的に気をつけるポイントや、いたみにくい工夫をしたお弁当に向くレシピを掲載した1冊です。

先月のとある日。ベターホームのお料理教室の渋谷教室の先生たちが全員、この読本を参考にして作った“いたみにくいお弁当”を持って来ていました。
先生たちのお弁当が一堂に会する様子は圧巻!ちょっとお邪魔してパシャパシャッと撮影して参りましたので、皆さまにもご紹介します。

e0238638_14401301.jpg
e0238638_14251910.gifWOW!
実は今お昼を食べたばかりなのですが、どれもおいしそうで、もう1食、食べたくなります!!
e0238638_14421408.jpg
e0238638_15131243.gif「サラメシみたい!」なんて声があがっていましたが、本当にそんな感じ!
人のお弁当を見せてもらうのって、楽しいですよね♪

e0238638_14443080.jpg
e0238638_1523229.gifこんなふうに彩り豊かで、おいしそうで、しかも“いたみにくい”お弁当が作れたら、ランチタイムが待ち遠しくて・・・思わず早弁してしまいそうです。
皆さんも『いたみにくい&安心 作りおきとお弁当読本』を参考に、安心でおいしい夏のお弁当生活を送っていただけるといいな~と思っています。




by better-home | 2015-07-07 15:00 | 料理の本

暑い季節の作りおきおかず

e0238638_14345561.gifこんにちは。ぱせりです。くせっ毛です。
なんだか今日は髪の毛がくるくるするなあ~と思っていたところ、関東甲信越は本日より梅雨入りだそうです。傘は持って来たのですが、白い靴で来てしまい、自分のツメの甘さを悔やんでいます(涙)

さて唐突ですが、皆さまは、おかずの作りおきをしていますか?
私はここ最近、平日は月曜から水曜あたりまでは、週末に作りおいたおかずで食べつないでいます。
お腹ぺこぺこの状態で帰宅するので、できるだけ早くごはんが食べたいのです。

でも、ちょっと悩んでいたのです。暑くなってくると、冬場よりも、作りおいたものが早くいたんでしまう気がして。
同じく冷蔵庫に入れているのになぜ?と思いますが、暑い日は開け閉めの度に冷蔵庫の中の温度も上がったり、常温に出している時間もあるわけだから、そりゃそうですよね~。

でも、暑い季節にも作りおきおかずを活用したい。そんな私にぴったりな冊子がこのたびベターホームから出ましたので、ご紹介します。

e0238638_16293467.jpg

e0238638_15131243.gif
作りおきおかずとともに、お弁当にも脚光を当てた1冊です。
「まずはキッチンの衛生管理をしっかりするべし」ということで、冒頭に食中毒を予防するための基本的な衛生管理の方法が載っています。
キッチンの衛生ってこむずかしいイメージですが、この冊子は大丈夫です。めんどくさがりやの「ズボラちゃん」と、ベテラン主婦の「白川さん」という2人のキャラクターの会話になっているので、ズボラちゃんに共感しながら(?)楽しく読めます!

そして、特に作りおきおかずやお弁当を作る際に衛生的に気をつけた方がいい点がまとめてあります。親切です。でも、それだけではありません。さらにさらに、食材や味つけや調理方法などで“いたみにくい工夫”をしたレシピが58品も掲載されています。薄い冊子なのに!すごい!

ということで、早速ですが昨日の夜、“いたみにくい工夫”をした作りおきおかずを作ってみました。
e0238638_16433000.jpg


e0238638_15131243.gif夏野菜のワイン蒸し、ゴーヤのツナみそ、のしどり風ハンバーグ、たこの梅風味マリネ、豚肉の黒酢煮、にんじんのレモン風味です。どれも超絶かんたん。週末の夜のちょっとした時間に、ささっと作れます。

なかでも気に入ったのが、ゴーヤのツナみそ。ほろにがいゴーヤと、ツナとみそのまろやかな感じがぴったりで、ごはんにのせて食べたい感じ!ゴーヤ1本使いきりなところもいいです。
豚肉の黒酢煮も、甘酸っぱい味が後を引くおいしさです。ほかもそれぞれおいしいです。
“いたみにくい”工夫をしたおかずは、酢や香辛料を使った味つけのものが多く、暑い日でもさっぱりおいしく食べられそうです。

ちなみに昨日は夕食をちょっと早く食べたので、これらのおかずを作っているうちにお腹がすいてたまらなくなり、できたてをちょっとずつ盛り合わせて、夜食に食べてしまいました。1つ1つはそんなに派手なおかずではないのですが、盛り合わせるとごちそうです!
e0238638_16542850.jpg

e0238638_1523229.gifいたみにくい&安心 作りおきとお弁当読本 」には、ほかにも気になるメニューがいろいろ載っているので、これからも、週末に活用していきたいと思っています!
この読本の入手方法ですが、450円分の切手をベターホームに郵便で送っていただくと、折り返しお届けするという、何ともほのぼのしたシステムになっております。詳しくはこちら
そんなのめんどくさいという方は、一部ネット書店でもお取り扱いいただいておりますので、よろしくお願いいたします。

ちなみに私、作りおきおかずを食べつくしてしまった木曜・金曜には、冷凍していたものを活用したり、外食したり、おそうざいをテイクアウトしてしのいでいます。そして冷凍には、「ポジティブ フリージング読本」を活用しています。こちらもあわせておすすめです~




by better-home | 2015-06-08 19:45 | 料理の本

台所にひそむ危険と初夏のかんたんデザート

e0238638_14345561.gifちょうどいい気候になり、ごはんがおいしい毎日ですね♪
ベターホームのお料理教室は5月が開講の月。
今月から教室に通い始めたという方が多く、フレッシュな風が吹いています。
新しいことを始めようという方の前向きなパワーを感じると、こちらもワクワク、うれしい気分になります。
教室に通おうかどうか検討中という方も、まだ間に合うクラスがたくさんありますので、どうぞよろしくお願いいたします!


さて、先日我が家で、ちょっとした事件が起きました。
友人たちを呼んで、天ぷらを揚げようとしていた時のこと。
油をはったお鍋の中に、棚に置いていたスマホをポチャンと落としてしまったのです!!

e0238638_14251910.gif
あまりの衝撃で30秒くらいボーっとしてしまいましたが、着火する前だったのが不幸中の幸い。
すぐに引き上げてキッチンペーパーで油を拭きとりました。
絶望しながらヌルヌルする電源ボタンを押してみると、普通に使え、ちょっと拍子抜けしたほど。
その後よくよく確認したところ、通話の音声が小さくなってしまったので、翌日修理に持って行きました。


「どうされましたか?」と聞かれ、恥じらいながら、「油の中に落としてしまって・・・」と告白したところ、店員さんたちは半笑い。「水没」扱いで、交換となってしまいました。

今回は笑い話で済みましたが、着火して油の温度が上がった後だったらと思うと、ゾッとします。
火や油を扱うキッチンは危険がいっぱいだから、安全にはじゅうぶん注意しながら料理をするべきだと認識をあらたにし、反省しました。
特に、最近、スマホやタブレット端末でレシピを見ながら料理をする人は多いのではないでしょうか。
安定したところに置いて、気をつけて料理をしましょうね!


e0238638_14345561.gif
さて、話は変わるのですが、スマホ油没事件の際に、「抹茶塩」で天ぷらを食べようと抹茶を買ったので、何か抹茶を使ったデザートを作りたいなと「かんたん美味シリーズ 」をパラパラ見ていたところ、心に響くレシピを発見しました。



かんたん美味4」に掲載されている、「豆腐白玉」です。
白玉粉に、水ではなく、豆腐を練りこんで作ります。
「豆腐を入れるとできあがりがやわらかくなります」とのこと。
e0238638_18270250.jpg


抹茶に関係なくない!?と怒られそうですが、落ち着いてください。
メインはあずきを添えて食べるレシピですが、アレンジとして、抹茶バージョンも掲載されているのです。
あずきのかわりに、抹茶のシロップで食べます。
e0238638_18291156.jpg
e0238638_15131243.gif

白玉だんご。久しぶりに作ったのですが、思ってたよりもずっと手軽に、あっという間に完成しました。
豆腐を練りこむ作業も楽しいです!
e0238638_18403302.jpg

水で練ったものとはたしかにちがって、やわらかく、でも、もちもち感はしっかりあって、とても気に入りました。
抹茶の香りと、ちょっとほろ苦い風味もとてもおいしいです。
これからも時々作りたいな~と思いました。
そして、手軽にできておいしいレシピがいっぱいの「かんたん美味」は、本当によいシリーズだな~と、すっかりごきげんになった休日でした。




by better-home | 2015-05-07 19:24 | 料理の本

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ