七草で春の和食を満喫

e0238638_14345561.gif「七草」というと思い浮かぶのは、春の七草、お正月七日に食べる七草がゆ。
でも今は4月、もうすぐ5月。ということで、おかゆの話ではありません。

ベターホームのお料理教室では、専門店のシェフや料理研究家から習えるコースも多数開催しています。
5月から渋谷と銀座教室で始まるのが、「季節を愉しむ 七草の会」です。
先生は、「七草」の店主、前沢リカさん。

「七草」は、季節の野菜、豆、乾物などを中心とした和食のお店で、長年お店のあった下北沢から、今年駒場東大前に移転しました。
その新しいお店に、先日、ふたばさんと一緒に行ってきました。

e0238638_14281555.gif


行ってきました!


e0238638_18092483.jpg

e0238638_14345561.gif
駒場東大前の駅で降り、東大の中を通る近道ルートで徒歩8分。グランドでスポーツをする若者を見ながら、「こんな時間に運動するなんてすごいね」といたく感心しながらお店に向かいました。


入り口には白いのれんがかかり、和と洋がミックスされたしつらえ。
新しい内装ですが、お花や、飾られているものもしっくりなじんでいて、とても居心地のよい空間です。
e0238638_18293686.jpg

e0238638_14345561.gifお料理は、おまかせの献立です。
予約の時に苦手な食材を聞いてもらえます。



e0238638_14281555.gif「苦手なものはありません!」






e0238638_15131243.gif最初に出てきたのが、にんじん、パプリカ、新たまねぎのすりながし。
野菜のやさしい甘みで、ほっとします。
写真ではわかりにくいのですが、吸い口はなんと、ゆずの花!
ドキドキしながら噛むと少しほろ苦くて、ゆずの香りが口の中に広がりました。
e0238638_18164968.jpg


どれも、美しくてとってもおいしい。
右上の写真は、いちごの白和えです。いちご!?とびっくりしますが、クリーミーな和えごろもと甘酸っぱいいちごの組み合わせは、好きな味でした!
e0238638_19420473.jpg

葉っぱの蓋を開けるとキラキラ、食べるのがもったいようなこんなお料理も。
食べるのがもったいないと思いつつ、すぐ食べました。
ふたばさんは、私が写真を撮っている間に半分以上食べていました。
おいしいものはすぐ食べる、正しいです。
e0238638_19482696.jpg

七草の定番メニュー、豚とお豆のみそ煮。キャベツと、のびるのオイル蒸しが添えてあります。
軽やかな野菜料理が中心なので、「もっともっと、いくらでも食べたい!」という気持ちでいるのが、こっくり甘めの味つけのこのひと皿を食べると急に満たされ、ほどよくお腹がいっぱいなことに気がつきました。
e0238638_19550057.jpg

このほか、椀もの、揚げもの、〆のお食事が出てきました。
ご紹介しなかったものも、全て美しく、おいしく、丁寧に作られた春ならではのものばかり。

そして甘味。
e0238638_15321336.jpg
こんなかわいい縁のお盆に載ってきたのは・・・
e0238638_15332671.jpg
あずきよせです。
上に載っていて、さらに中にも入っていたのは、ふきのとう。
これも驚きの組み合わせですが、ちょっとほろ苦い味であずきの風味と甘さが引き立っていました。


e0238638_15131243.gif
「七草」のお料理は、味のよさはもちろん、包丁の入り方や、野菜の火のとおり方、歯ごたえが絶妙で、食べていてとても気持ちがよいのです。
しっかりとした技術と、お料理に向き合う姿勢が、この心地よさを生み出しているのだなあと感じます。
素材の組み合わせ、器、盛り付けなどの遊び心を感じる楽しい驚きもあるので、ワクワク感もプラスされ、とっても幸せな時間でした。


e0238638_15440222.gif
また行きたいね~





5月からベターホームで始まる「季節を愉しむ 七草の会」の実習内容は、より身近な食材を使った、家庭でも作りやすく、おいしくできる和食のラインアップです。
その中で、お店のお料理のような、技術・センス・心遣いなどのエッセンスが学べたら、うれしいですよね。

残念ながら渋谷教室のクラスはすでに満員になってしまったのですが、銀座教室の夜クラスはまだお申し込みいただけますので、ぜひぜひ。おすすめします!

駒場東大前「七草」のサイトはこちら
(※外部サイトにつながります)





by better-home | 2017-04-28 19:11

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ