春開講クラスお申込みまだ間に合います!

e0238638_10082649.gif
 こんにちは!
 日々、朝の散歩や通勤の道すがらに、初夏の陽気を満喫しているバジルです。
 皆さんはいかがお過ごしでしょうか。



「ベターホームのお料理教室」では、春クラスが5月に開講し、
今年もたくさんの受講生の皆様のお顔を拝見できて、一同うれしい限りです。
はじめていらっしゃる方も続けてくださっている方も、皆さんに
楽しんでお料理を習得していただけるといいな、と思っています。

そして。
「通うかどうか迷っているうちに5月も後半になってしまった」
「これから入りたいけど難しいのかな」という方に、
これからの時期のお申込みに関するご案内です。

e0238638_10082649.gif
 まだ間に合います!
 くわしくは、ご興味のあるコースの 「申し込み・開講スケジュールはこちら」という箇所をご覧になるか、担当の事務局へお電話でお問合せください。ご案内させていただきます。



この春の注目は(全部おすすめなのですが)、
まずは、今年で終わってしまう↓
おいしい、実用的、ヘルシーという無敵の内容で、本当に人気があり、
惜しまれつつ終了を迎えるコース。今年がラストチャンス!ぜひ。

なかでも、バジルが自宅でよく作っているのは、このメニュー。
e0238638_10281921.jpg

4月の
・しいたけしゅうまい
・混ぜるだけ豆苗チャーハン
・えのきの酸辣湯
です。

しいたけしゅうまいとは、意外にカロリーの高いしゅうまいの皮の代わりに、
しいたけを使ってカロリーダウンさせたもの。
これがなかなか、いいんです。
包む手間も軽減されるしフライパンで蒸し焼きにするのでかんたん。
しいたけのうまみも食感もボリュームもプラスされて満足感もある。
チャーハンも炒めないので少量の油で作れるし、酸辣湯も缶詰を使って
手早く作れるんです。

こんなふうに、あっという間にヘルシーで満足感のある献立が作れる工夫と
こだわりが各メニューにちりばめられています。
以前にもふたばさんも紹介していましたので、こちらもぜひご参考に!

また、ベターホームがはじめてで、お料理初心者の方におすすめなのが↓
です。
お料理入門とはいえ、きちんとおいしい料理を作れないと楽しくないし、
復習もしたくならないですよね。

このコースなら、無理なく初心者の方のペースで、おなじみのメニューを
実習できるので、心配ありません!

肉じゃがや、ハンバーグ、グラタンやしょうが焼き、さばのみそ煮、
トマトソースのスパゲティなど、自宅でおいしくできたらうれしいメニューが目白押し。

バジルは、この煮込みハンバーグの、写真からもあふれ出るジューシー感、ふっくら感、ソースのコクと艶感に注目しています。
e0238638_10501872.jpg
皆さんに先んじて、試食させてもらったのですが、期待を上回るおいしさでございます!
ハンバーグをおいしく作るコツは、ひき肉のこね方、成形の仕方、焼き方(今回は煮込み方も)にあります。
レシピだけを見てもいまいちピンとこないコツってありませんか?
それを、間近で見てしっかりと習得できるのは料理教室ならではです。
ぜひ、おいしい煮込みハンバーグをマスターしてください♪

そして入門コースをはじめ、ベターホームのお料理教室のメニューは、毎日の献立にすぐにいかしていただける実用的な内容なので、上達も実感しやすいと思います。

普段のごはんをおいしく作れたら、毎日しあわせ。
ぜひ「ベターホームのお料理教室」に通って、おいしいごはんを作りましょう~!
お待ちしています!


 




# by better-home | 2017-05-22 12:12 | その他 | Comments(0)

七草で春の和食を満喫

e0238638_14345561.gif「七草」というと思い浮かぶのは、春の七草、お正月七日に食べる七草がゆ。
でも今は4月、もうすぐ5月。ということで、おかゆの話ではありません。

ベターホームのお料理教室では、専門店のシェフや料理研究家から習えるコースも多数開催しています。
5月から渋谷と銀座教室で始まるのが、「季節を愉しむ 七草の会」です。
先生は、「七草」の店主、前沢リカさん。

「七草」は、季節の野菜、豆、乾物などを中心とした和食のお店で、長年お店のあった下北沢から、今年駒場東大前に移転しました。
その新しいお店に、先日、ふたばさんと一緒に行ってきました。

e0238638_14281555.gif


行ってきました!


e0238638_18092483.jpg

e0238638_14345561.gif
駒場東大前の駅で降り、東大の中を通る近道ルートで徒歩8分。グランドでスポーツをする若者を見ながら、「こんな時間に運動するなんてすごいね」といたく感心しながらお店に向かいました。


入り口には白いのれんがかかり、和と洋がミックスされたしつらえ。
新しい内装ですが、お花や、飾られているものもしっくりなじんでいて、とても居心地のよい空間です。
e0238638_18293686.jpg

e0238638_14345561.gifお料理は、おまかせの献立です。
予約の時に苦手な食材を聞いてもらえます。



e0238638_14281555.gif「苦手なものはありません!」






e0238638_15131243.gif最初に出てきたのが、にんじん、パプリカ、新たまねぎのすりながし。
野菜のやさしい甘みで、ほっとします。
写真ではわかりにくいのですが、吸い口はなんと、ゆずの花!
ドキドキしながら噛むと少しほろ苦くて、ゆずの香りが口の中に広がりました。
e0238638_18164968.jpg


どれも、美しくてとってもおいしい。
右上の写真は、いちごの白和えです。いちご!?とびっくりしますが、クリーミーな和えごろもと甘酸っぱいいちごの組み合わせは、好きな味でした!
e0238638_19420473.jpg

葉っぱの蓋を開けるとキラキラ、食べるのがもったいようなこんなお料理も。
食べるのがもったいないと思いつつ、すぐ食べました。
ふたばさんは、私が写真を撮っている間に半分以上食べていました。
おいしいものはすぐ食べる、正しいです。
e0238638_19482696.jpg

七草の定番メニュー、豚とお豆のみそ煮。キャベツと、のびるのオイル蒸しが添えてあります。
軽やかな野菜料理が中心なので、「もっともっと、いくらでも食べたい!」という気持ちでいるのが、こっくり甘めの味つけのこのひと皿を食べると急に満たされ、ほどよくお腹がいっぱいなことに気がつきました。
e0238638_19550057.jpg

このほか、椀もの、揚げもの、〆のお食事が出てきました。
ご紹介しなかったものも、全て美しく、おいしく、丁寧に作られた春ならではのものばかり。

そして甘味。
e0238638_15321336.jpg
こんなかわいい縁のお盆に載ってきたのは・・・
e0238638_15332671.jpg
あずきよせです。
上に載っていて、さらに中にも入っていたのは、ふきのとう。
これも驚きの組み合わせですが、ちょっとほろ苦い味であずきの風味と甘さが引き立っていました。


e0238638_15131243.gif
「七草」のお料理は、味のよさはもちろん、包丁の入り方や、野菜の火のとおり方、歯ごたえが絶妙で、食べていてとても気持ちがよいのです。
しっかりとした技術と、お料理に向き合う姿勢が、この心地よさを生み出しているのだなあと感じます。
素材の組み合わせ、器、盛り付けなどの遊び心を感じる楽しい驚きもあるので、ワクワク感もプラスされ、とっても幸せな時間でした。


e0238638_15440222.gif
また行きたいね~





5月からベターホームで始まる「季節を愉しむ 七草の会」の実習内容は、より身近な食材を使った、家庭でも作りやすく、おいしくできる和食のラインアップです。
その中で、お店のお料理のような、技術・センス・心遣いなどのエッセンスが学べたら、うれしいですよね。

残念ながら渋谷教室のクラスはすでに満員になってしまったのですが、銀座教室の夜クラスはまだお申し込みいただけますので、ぜひぜひ。おすすめします!

駒場東大前「七草」のサイトはこちら
(※外部サイトにつながります)





# by better-home | 2017-04-28 19:11 | Comments(0)

和菓子の会に申込しました~

e0238638_15440222.gifこんにちは!みなさまいかがお過ごしでしょうか、
ふたばでございます。

2016年5月から30分の500kcal献立を受講していて、4月に修了しました!



つぎは何を申し込もうかな~と悩んでいた際に
決め手となった出来事が。。


とってもおいしかったのですが、仕上がりに納得がいかないというか、
もうちょっと上手に作りたいなーと思いまして。
ふたばが和菓子の会を習ったのは2011年5月だったので、
その頃とは内容がまた違ってますし、
6年ぶりに和菓子の会に通うことにしましたよ~。

と、思った矢先。
お友だちの家にお呼ばれしまして、手土産を悩んだ結果、
懲りずに桜もちを持参することにしました。材料もそろってますし。

待ち合わせは日曜日の11時。
朝から桜もち15個を作る、というミッションです。

e0238638_15491038.gif

教室で習った後ならよかったのに。。。
(でも習うのは2018年3月。。笑)



早起きするつもりがさほど早起きできず。←ありがち
せっかくなので、材料の準備から、15個作り終わるまでの時間をはかりました。

e0238638_15472080.jpg

ちょうど1時間です。いやー、ひやひやものでした。
30分ちょっとで作れるかなと甘く見ていたのですが、15個はちょっと多かった。。。
ぎりぎりの時間に電車に飛び乗りました。

e0238638_15474254.jpg

ガタンゴトン、ガタンゴトン、、、、


久しぶりのお友だちの感想:
「え、自分で作ったの~!?!?」
「ケースに入ってるとすごいね!!」

食べてみたら、桜の葉の塩漬けの塩抜き時間が足りず、正直なところしょっぱかったのですが、、
「これくらい塩気があったほうがおいしいよ!!」(やさしい。。じーん)

お呼ばれに手作り和菓子を持参した結論:
・驚かれてちょっと盛り上がる
・和菓子ケースの威力がすごい

というわけで、5月からの和菓子の会、とっても楽しみです♪




# by better-home | 2017-04-18 15:51 | 和菓子の会 | Comments(0)

「粉から作るブランチ」

e0238638_13365833.gif


こんにちは!
久しぶりに登場のつけちゃんです♪



以前、梅シロップの作り方和菓子の作り方をご紹介しましたが、
わたくしつけちゃんは手作りが大好きです。

この春、そんなつけちゃん期待の新コースがスタートします。
それがこちら <粉から作るブランチ 6回コース>です!

外はカリッと中は熱々スープたっぷりの焼き小龍包や、
かわいらしいデコレーションのカップケーキ、タコスパーティにぴったりのトルティージャまで、
お店で人気のメニューが目白押し。
もちろん名前のとおり、粉から手作りします。
e0238638_15481591.jpg
e0238638_16312518.jpg
e0238638_15504338.jpg

中でもお気に入りのメニューがこちら。

じゃん!
ふんわり、絶品パンケーキです。
もうビジュアルからしてときめきます。
e0238638_17030362.jpg

ブームが訪れてからだいぶ経ちますが、
いまだに専門店が新しくオープンするなど人気に陰りを見せないパンケーキ。
お店で食べては感動していたのですが、
自宅で作ってもなんだかちょっと固いな、焼き色もムラになってしまうな、ということが
よくありました。

でもこのパンケーキは試作のたびに何度食べてもふんわりおいしい!
このレシピなら、やっと理想のパンケーキを作ることができそうです。

そしてさらにうれしいのが、ベリーソースとレモンカードの2種類のソースも手作りできるということ。
1種類のみの紹介にしようか…などという話も出たのですが、
それぞれとてもおいしくて捨てがたく、結局両方とも採用することになりました。

コースではパンケーキのように甘いものだけでなく、
「かぼちゃのニョッキ」や「そば粉のサラダガレット」などの
お食事メニューもラインアップされているので、
今までパンやお菓子などの手作り系には興味がなかった…という方にもオススメの内容です。
休日のブランチに活躍しそう!
e0238638_16553074.jpg
e0238638_16552907.jpg

手軽に作れるよう工夫をこらしたので、2時間で実習できます。
首都圏・京阪神・名古屋の夜クラスは19時からスタートのため、
お仕事帰りでも受講しやすいコースです。

各教室の空き状況はこちらのページでご確認いただけます♪
「地域」と「会場」を選んでご覧ください!
開講スケジュールと満員状況




# by better-home | 2017-04-11 12:03 | Comments(0)

魚のおかずをもう一品

e0238638_10404381.gifこんにちは。福助です。

本日の東京は桜が一気に満開となりそうな
春らしい陽気となっています。
朝、布団から抜き出すのも苦にならない季節ですね。


さて、先日のバジルさんの記事に続いて
私もベターホームの新刊「さばかない・おろさない!魚のおかず90
から一品ご紹介します。

e0238638_15434039.jpg
魚介類が大好きな我が家では、
早々にこの本を入手し、活用しているのですが、
先日作ったのがこちら。
e0238638_15440912.jpg


「ぶりのコチュジャン炒め」です。

魚を使った炒め物、決して嫌いなわけじゃないのに、
なかなか作る機会がないのは、
やはりレパートリーが狭いからでしょうね。

そういう意味では、この本には、
これまで挑戦したことのない料理が満載で、
ぜひ、皆様もお手に取っていただきたいと思っているわけです。

それから、もう1点、この料理を作ってみたのには理由がありまして、
それが「にんにくの芽」です。

ご覧のとおり、ぶりとともに、
たっぷりとにんにくの芽を使うのですが、
妻と暮らすようになってから、
我が家でにんにくの芽を使った料理が登場するのは、これが初めて。

決して嫌いなわけではないのに、どちらかと言うと好きなのに、
だから中華料理店などではたまに口にするのに、
なぜ、数年間もの間、登場しなかったのか。

この事実にはっとし、作らずにいられなかったのです。

あなたも「さばかない・おろさない!魚のおかず90」を読めば、
意外な食材との出会い・再会があるかも!

…という、若干無理のある宣伝文句で、本日は失礼いたします。





# by better-home | 2017-04-05 16:31 | 料理の本 | Comments(0)

ベターホームの旬の情報をお届け!
by better-home

検索

タグ